テーマ:オオギセル

オオギセルを観察

2019年7月12日 静岡県西部にて、クヌギの木に付いているオオギセル成貝1を発見。貝が半分白化した個体で、木の根元にはキセルガイモドキ1匹もいた。比べてみると圧倒的に大きい。オオギセルは、有肺目 キセルガイ科のカタツムリの仲間で別名マルテンスギセルとも呼ばれるそうです。日本固有種で大きなものは50mmに達する世界最大のキセルガイとのこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more