あの食痕はアナグマでした。

昨年12月からカメラを設置し観察しているこの場所には枯れ木の根元周囲を掘り返した跡があります。
DSC_3788.JPG
3月まではタヌキとハクビシンなどが観察されていましたが、掘り返しとの関連が見られませんでした。4月に入りタヌキとハクビシンは出産授乳の為なのか姿が見えなくなり、替わってテンとアナグマが採餌現れます。

DSCF0108(1).jpg
2020年4月24日、この場所で初めてアナグマを観察。映像には枯れ木の根元を掘り返し何かを食べる様子が映っています。捕まえた獲物を前足で引っ掻いている映像もありました。この木にはネズミが住んでおり、ネズミを食べている可能性がありますが映像からは断定できません。また採餌中に尻を地面にペタリとつける行動が度々見られますが何か意味があるのでしょうか。

1度現れると10分くらい木の根元を掘りまわし採餌しています。26日、30日も観察され今後が楽しみです。
アナグマには冬眠する習性があるようですが、温暖な地方では冬でも活動しているようです。東三河地方では冬眠するのか疑問です。4月24日初観察というのは冬眠明けなのか、それとも餌に季節性があって この時期に現れたのか。映像の個体は、太っている感じで私には冬眠明けとは思えません。
追記
ユ-チュ-ブに アナグマの採餌行動をアップロードしました。
https://www.youtube.com/watch?v=Q6iCjkhE9A4

https://www.youtube.com/watch?v=y6_gG4sdnmc&t=1s ニホンアナグマの巣穴造りの途中の動画です。
興味のある方は、ご覧ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント