サツマヒメカマキリを観察。

2019年7月18日 静岡県西部でサツマヒメカマキリを観察。サツマヒメカマキリは、カマキリ目ヒメカマキリ科のカマキリで体長30mmと非常に小さなカマキリです。 類似種としてヒメカマキリがありますが、成虫の出現時期が サツマヒメカマキリは5月~7月 ヒメカマキリは9月~11月と異なります。一時期ヒメカマキリとサツマヒメカマキリは同じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオギセルを観察

2019年7月12日 静岡県西部にて、クヌギの木に付いているオオギセル成貝1を発見。貝が半分白化した個体で、木の根元にはキセルガイモドキ1匹もいた。比べてみると圧倒的に大きい。オオギセルは、有肺目 キセルガイ科のカタツムリの仲間で別名マルテンスギセルとも呼ばれるそうです。日本固有種で大きなものは50mmに達する世界最大のキセルガイとのこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイワンタケクマバチの観察

タイワンタケクマバチは、ハチ目 ミツバチ科の外来種。愛知県では、対策が必要な外来種に指定されている。 以前、テレビのニュース等で見たことのあるこのハチを、2016年8月豊川市の東三河ふるさと公園で初めて見た。 ミソハギの花にたくさん集まっていた。ネットで調べてみると、日本では2006年愛知県豊田市で初めて確認されその後中部地方に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more